PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第26話 空に届く場所へ~立山黒部アルペンルート~(前編)

「カエル君!カエル君!冒険に出かけるよ!」
「・・・・・・・・・・・・・・・僕行かない」
「カエル君。夏の君は本当に低血圧のOLの寝起き並みにテンション低いよね。」
「僕もう夏の間は外に出ない事に決めたんだ。クーラーの効いた部屋の中で洗面器プールに浸りながら生きていくんだ」
「でも大丈夫!カエル君。今から行くところは地上2000mの雲上の楽園だよ。そこはとっても涼しくて気持ちのいい場所なんだよ」
「何?それラピュタ?」
「まぁーまぁ、いーから、いーから行こう」




「中の人の嘘つき!全然涼しくないじゃない!だいたいここはどこなのさ。」
「私達はこれから立山黒部アルペンルートを通り抜けるんだよ。ここは長野県側の始発駅である扇沢駅だよ。ここはまだ地上とたいして気温が変わらないねぇ。ここも標高1000mは超えてるんだけど今日が暑すぎなんだろうね」
「早く涼しい所に連れて行ってよ」
「カエル君、。アルペンルートはね自家用車では到底通れない険しい北アルプスをいろんな乗り物を乗りついて進んでいくんだよ。ここからはトローリーバスに乗って次の黒部ダム駅に向かうよ」
「えっ?ダム?あの有名な黒部ダム」
「そうだよ知ってるの?」
「知ってるよ。日本一のダムでしょ?でっかい建造物は男のロマンだよワクワク」


「黒部ダム駅に到着」
「うぁぁぁ涼しい」

黒部ダム駅から地上へと出るトンネルの中の気温は15度
P8142443.jpg


「本当だね。空気が冷たくて気持ちいいよね」
「中の人!ダム!ダム!が見えてきたよ!わぁぁぁぁ!でっかーーーーい」
「カエル君。出発前とは違ってえらくハイテンションだね。


カエル君の向こうに見えるのが立山連邦
P8142436.jpg

「この黒部ダムは戦後の電力不足を解消するために日本最大の峡谷に建設された日本一の大きさを誇るア-チ式ド-ム型なんだよ。その困難な立地での巨大建設物建設は「世紀の大事業」と言われてたんだよ」
「へー」


黒部ダムのすぐ側にはダム建設による殉職者の慰霊碑も。どれだけ困難な事業だったのか
P8142434.jpg


「カエル君。展望台にいってみようか」
「うん」


第2展望台から放水の様子
P8142437.jpg

「すごい水量の水が噴き出しているね。あっ!虹がかかってるよ」
「期間限定で観光客のため放水してるそうだよ。毎秒10トンもの放水されている水が霧になって虹がかかるんだね。綺麗だねー」

渓谷にかかる虹の橋
P8142444.jpg



「まるで渓谷に翼を広げたみたいだね」
P8142449.jpg
「こんな大きなダムをつくるなんて・・・人間ってすごいなー」
「へーカエル君感心したの?」
「人間のエゴとはかくも恐ろしい・・・」
「カエル君、何言い出すの?もう涼しいでしょ。早くダークサイドから戻ってきてよ」


「じゃカエル君。次はケーブルカーに乗って黒部平駅に向かうよ」
P8142450.jpg

「ふぉぉぉ!かっこいい。銀河ステーションから葉発車する銀河鉄道みたいだ!僕達はさながら銀河の果てを目指して進むカムパネルラだね」
「カエル君。カムパネルラだと色々不吉だからせめてジョバンニで例えてくれるかな?あっそうそうカエル君。この回長くなりそうなので後半に続くね」
「えっ?突然何言いだすの?コノカイって?コウハンって???」
「カエル君は分からなくていいんだよ。それでは後半に続く」










にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| カエル君のフォト日記 | 21:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

黒部ダムの弩迫力!!

うーん、見事です。

| のぶっち | 2011/09/07 01:10 | URI | ≫ EDIT

写真じゃいまいち迫力が伝わってきませんが(迫力が出るように撮れなかった)本物はものすごかったです。

| カエル君 | 2011/09/09 23:13 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://frogdephoto.blog29.fc2.com/tb.php/46-64d0a227

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。